2017年6月24日土曜日

保有銘柄のチェック1 International Business Machines IBM



過去に、「配当貴族シリーズ」でDividend Aristcrat 銘柄を順次紹介していったが、自分の保有銘柄について、似たようなアプローチをとることで、自分なりに現時点におけるその銘柄への向き合い方を再確認していこうと考えています。

分析切り口は、株価指数、財務、経営戦略、投資ストーリーの点検などを考えています。自分でもどのようにすればいいのか手探り状態となってしまうので、アレですが、備忘録的な観点になる予定です。

その栄えある?第一回は、最も悩ましいIBMです。

2017年6月22日木曜日

太陽光発電投資の収支計算と想定リターン




昨日は時間がなかったので、省略したものの、ざっとこんな感じ。

2017年6月21日水曜日

太陽光発電投資の検討



いまさら何を。と思う人も多いでしょう。

私もそんな感じでした。ただし、太陽光や風力発電そのものは欧米では盛んであり、持ち株でもあるEnbridge Inc.も積極的に投資していく方針を改めて表明しています。

太陽光も風力もリターンはまあまあいいし(あちらでROIベース12%~14%)、気になっていました。石油・ガスパイプラインと同じで安定CFビジネスではないかと。パイプラインとROIは同じぐらいだと思います。

そこで、前回も少し書きましたが、REITのインフラ投資法人に少し投資してみたわけですが、たまたま昨年は例年よりも多めの所得税を払った(源泉徴収された)ので、取り返す方法がないのか模索していました。

森友とか加計とかのミンスのアホな話を聞いていると、「こんな奴らに飯を食わせるために税金を払っていたのか」と改めてムカついてきたからです。

結果的に、今、太陽光発電投資を行っても、減税措置はない(3月末で設備の割増償却制度が終了と惜しい)ということが分かり、がっかりしましたが、少し調べると、投資リターンの安定性がいいのではないか、という結論に至りました。

2017年6月20日火曜日

日本企業のM&Aはうまくいかないのか? 意外なあの企業はM&A上手です。経営者次第でしょう



東芝のウエスティングハウス、日本郵政のオーストラリア物流会社など海外M&Aで大きく減損を計上することがクローズアップされ、どういうわけか「M&Aの大半はダメ」的な論調が流れているような感じだ。



一流評論家の山崎氏はおそらくM&Aについてそれほど知見がないと思います(注:かつて、山崎氏の転職関連の本は擦り切れるほど読んで、普段は大変尊敬しています)。

2017年6月19日月曜日

ふるさと納税 焼津市の努力には頭が下がります

最初はモノが目的でふるさと納税をやっていましたが、今回、焼津市の努力に共感して、ふるさと納税を実施しました。

2016年、ふるさと納税を行った自治体の一つに静岡県の焼津市がありました。
昨年の目的は、日清食品の「どん兵衛」を妻や子供のためにもらった。