2017年3月27日月曜日

日経ヴェリタス 3/26日号「花開く増配株投資」に掲載されました。


過去数回、ヴェリタスさんには掲載していただき、ありがとうございます。
今回は一番紙面が大きかったと思います。ありがとうございます。
(似顔絵には異論があり、全く似ていませんが、仕方ないか。出張中、酒を飲んだ夜中の12時半に自撮りで送った、と言い訳させてもらいます)


増配株投資も市民権を得つつあるのか、とおもうと感慨深いですね。日本株の連続増配はどこまで続くのか、まだまだ懐疑的です。そのためにもビジネスモデルまでしっかり見ていく必要性があると思います。

しかし、一つだけ追記を。


2017年3月26日日曜日

妻とランチ 

昨日は近くのフランス料理のお店で妻とランチを取った。
最近、週末、子供は2人とも朝早くから夕方まで部活で、夫婦で過ごす時間が多くなった。
ちょっと前まで、休みになると子供をどこかに連れて行かなきゃ、と思っていたのがうそのよう。

妻も子供がいないと週末・昼間は外食したくなるようだ(昼食を作りたくない)。

もっとも、いつもこういうときはスーパーのフードコートや優待券などで済ますことが多かったが、確定申告で還付金ももらったので、ちょっと贅沢に「ご機嫌取り」をしたつもり(笑)。
リクエストを聞くと、フランス料理が食べたい、というのでフレンチでした。

いつも、「あれは食べるけど、これは食べない」といって、食事は気を遣わせていますからね(といいつつ、彼女も最近、オリーブオイルとか同じようなものを積極的に食するようになってきているけど)。

2017年3月25日土曜日

Chevron(CVX)のアナリストミーティング2017年3月

毎年3月上旬にやっています。日本の大企業が行う「事業方針説明会」に似ているような気がします。
西豪州Gorgon LNGプラントの全貌
原油価格が大暴落して、石油会社各社は業績・資金繰りに四苦八苦しています。また、豊富な埋蔵量もあって供給過剰が言われています。したがって、石油株に妙味がない、と考える人が増えているようです。

確かに、そういった見方も否定しません。しかし、石油・天然ガスは人類が生活するうえでまだまだ必要不可欠で安価な資源です。Chevronも時代の変化に合わせてロックフェラーの時代から生き延びています。

中長期の長い目で見ていけば、まだまだ投資妙味があると思っています(皆さんが上記のように考えるのなら余計に)。