2017年11月19日日曜日

ネコの魅力 岩合光昭の世界ネコ歩き 劇場版で癒され、なごむ



夜、ふろ上がりに必ずストレッチをしながらテレビを見ています。その時、NHK BS放送の「世界ふれあい街歩き」やこの「世界ネコ歩き」を見ることが多いです(たぶん再放送だと思うけど)。

「世界ネコ歩き」はたぶん5年ぐらい前から放送されていると思います。当時はまだ小学生だった娘(今中学3年で受験生)と一緒に見ていました。

今は50歳のおっさんが一人でネコのドキュメンタリー番組を見ています(笑)。

この「世界ネコ歩き」が映画になった、と聞いて、妻を誘って見てきました(彼女は完全に犬派なのですけど)。

2017年11月18日土曜日

ソニーの業績回復に関する雑感



なんだかんだ言って、みんなが気になるこの会社。それがソニー。

私も実はテレビはブラビア、DVD(ブルーレイ)もソニーで、かつてのVEGA(フラットな真空管TV)時代からずっとソニー製のAVを使っている。

(それ以前は、独身でひもじかったので、AIWA製のテレビデオを使って、確かアメリカのサッカーワールドカップを見て、イタリアのバッジョを応援していた)

そのソニーの業績回復が進んでいる。正直この景気回復局面で、業績が駄目だったら、本当にダメということになってしまうけど、、、。

したがって、厳しい見方をすれば、持続性のある業績か否か、という点がポイントなんでしょうね。

今期予想の営業利益6300億円は1998年3期の約5200億円を抜いて、過去最高益のようだ。実に20年ぶり。

ちょっと覗いてみました。

2017年11月16日木曜日

プロクター&ギャンブル 株主総会はアクティビストが勝利?



(日本時間)今朝飛び込んだニュース
Peltz Scores Surprise Victory for P&G Board Seat After Recount (ブルームバーグ)

アクティビストインベスターのネルソン・プレッツ氏は「俺を取締役にしろ」という株主提案を提出。

彼の主張は、会社が大きすぎて、組織に遠心力が働いているため、3つぐらいに分けてそれぞれが、機敏な意思決定で経営した方が成長が早くなる、という会社分割提案を行っていましたが、経営陣は反対していました。

2017年11月15日水曜日

世の中、どちらを向いてもリスクだらけ? 長生きリスクなど雑感



「長生きリスク」。最近非常によく聞くようになりました。

今まで、人間いかに長く生きるのか? 長寿関連の話題は古今東西問わず、ビジネスのタネだったんではないでしょうか?

健康長寿こそ、人類最大の願望だったように思います。

今でも、私も含めて関心は強いですが、健康維持方法などに関する話題やビジネスは成長中です。

しかし、それが実現するとリスクだ、とは過去には考えられなかったことではないでしょうか?

2017年11月14日火曜日

株式相場雑感 2017年11月13日



FTより
日経平均は年初の「出遅れ」を取り戻すべく、ダウ平均並みに上昇しています。中間決算で相次ぐ上方修正がありました。

(今年度の業績予想を1ドル=105円程度の平均値にしていた企業が多かったことも起因していると思う)。

2017年11月12日日曜日

「国際金融都市・東京」を実現させるために必要なのは、「ハード」ではなく「ハート」だと思う件




秋ですねえ
総選挙後は、すっかりご無沙汰してしまった、小池都知事。その都知事が風呂敷を広げる「国際金融都市・東京」構想。

一自治体がそんなことまで取り組むのか、と思うけど、国がやっても自治体がやっても(国は橋本内閣の時代から、「フリー・フェア・グローバル」を合言葉にやっていたけど)考えつきそうなことは同じじゃないか、と思った。

こちらが東京都が打ち出した、「国際金融都市・東京」構想です。(概要)
本文はこちら

2017年11月11日土曜日

バブルから半値戻しと言われている日経平均の推移からの雑感



日経平均がバブルのピークから半戻し、という記事をよく見かけるので、見てみました。
まずは、我々日本人が普段目にする日経平均のチャートです。
出所:世界経済ネタ帳
86年から92年のいわゆるバブルを除けば、ざっくりと10,000円~20,000円のレンジバウンドな推移、と言ってよいのではないでしょうか?(40年もレンジ相場かよ

2017年11月8日水曜日

株式投資 勝てば官軍とはいうものの。。。



結論を先に言いますと、リターンを上げた人が正しくて、そうでない人が正しくない、という点に異論もなく同意します。しかし、それでも。。。

私はインカム中心の資産運用・株式投資をテーマとしていますが(多少違う銘柄にも投資していますが)、世の中やはりキャピタルゲイン狙いが主流です。

さて、そのキャピタルゲイン狙いですが、当然中小型株の方が(銘柄さえ合えば)リターンは高くなる傾向にあるといえます。

したがって、中小型株で、割安放置されているものか、成長性が望めるものということになります。

後者は高PER銘柄が多く、なんとなく、とっつきにくいという人がバリューハンターには多いように思います(私もその一人)。

一方、前者は比較的財務分析や株価分析がやりやすく、こちらに人気があります。

2017年11月7日火曜日

一生お金に困らないシンプルな法則 究極のミリオネア入門 マイケル・ルポーフ著



この本は2007年に日本で翻訳されて発刊されました。
どういういきさつで、このような古い本?を探し当てたのか、忘れてしまいましたが、なかなかいい本だったのでご紹介しておきます。
以下は本書のメモ書きになります。

2017年11月5日日曜日

少子化時代の学校経営(高校)




今年は長女が高校受験の年です(2年前に長男が受験済み)。

夏からこの時期になると、あちこちの学校(特に私立高校)では、「学校説明会」や「入試説明会」が開催される。

行く必要性はないのだが、受験する場合、行った方が何かと特典があるような「気がする」らしく、受験の可能性がある学校へは行くことにしています。

(普通は母親と子供、あるいは子供同士で行くケースもあるが、我が家ではなぜか私もついて行っている)

2017年11月4日土曜日

10月の配当状況



丸の内仲通 ライトアップされると年末が近いことを感じます
10月の配当状況です。

2017年11月3日金曜日

10月の投資状況



2日の夜に集計しています。3日は雇用統計ですね。今月は雇用統計前に集計しています。

2017年11月1日水曜日

孫正義氏は投資家になりきれるのか? ソフトバンクのスプリントの件 我々投資家も参考にすべし。




【インサイト】ソフトバンクはゲームやめよ、最善のパートナーは明らか (ブルームバーグ)

孫正義さん率いるソフトバンクは、これまで投資会社としても大成功を収めている。言うまでもなくYahoo! Japan、アリババなど超成功投資事例があります。

今では、ソフトバンク・ビジョンファンドという投資ファンドを設立し、集めたお金はなんと10兆円にも上ります。これらのお金で、携帯通信用の半導体を作っているアーム社(英)(正確には、ソフトバンク本体で買収した資金をファンドに一部付け替えている)を買収するなど、鼻息は荒いです。

2017年10月31日火曜日

糖質制限、ダイエット、筋トレ、ジョギング、行き着くところは筋トレ女子???




時折、この手の記事を書いています。

約19キロのダイエット(ちょっとリバウンドして17キロ)に成功し、糖質制限に取り組み(プチ糖質制限;糖質量1日約130グラム程度~100グラム程度)、筋トレ(毎週自分で作ったサーキットトレーニングを6から7セット程度)、ジョギング(今は週3回で約25キロ、1か月100~120キロ程度)を続けています。

2017年10月29日日曜日

株式投資をして、株が紙切れになるリスクを考える




「株式投資(または個別株投資)はリスクが高い。最悪、保有する株が紙切れになることもある。」

よく見かけるフレーズです(もっとも、昨今の株高では、このようなウンチクは見る機会がずいぶん減ってしまいましたが)。

今は、株式投資はオンラインが常識なので、紙の株券とうのは、一般的な株式投資の世界ではないはずですが、「株券が紙切れ」=「投資した会社が経営破たんして、価値がなくなる」ということを指している、と思われます。

2017年10月28日土曜日

配当金生活のその先にあるもの




株式投資をやっているものなら、あこがれる?配当金生活。
自分も、

「数百万円の配当金があれば(配当金+家賃なら、そこそこ達成しているが)、ゆっくりした生活ができる」

そんな考えを持っていました。

2017年10月27日金曜日

ユニクロは買いか? うまく取り入れると節約になるかも。




ご存じユニクロ(ファーストリテイリング)について。
ただし株ではありません。商品、服そのものです。

ユニクロには賛否両論があります。

なかなかイケる、というポジティブ派。
安かろう悪かろう、というネガティブ派。

どちらの意見も確かに一理あるのではないかと思います。

私個人はポジティブ派です。

2017年10月26日木曜日

アメリカ、製薬業界でさらなる業界再編 コア事業に集中する




製薬業界は再編の歴史を繰り返します。

今回は、
イーライリリーが動物薬事業を売却、スピンオフ、IPOなど本業から切り離す
という話と
米イーライリリー、動物向け医薬品事業の分離を検討 (日本経済新聞)

ファイザーがコンシューマー向け事業(大衆薬とか)を売却する、
という話です。
ファイザー:コンシューマーヘルスケア事業売却を検討-1.9兆円規模 (ブルームバーグ)

いずれも、株価、事業とも好調でカネになるうちに売ってしまおうという発想でしょう。
ちなみにいずれも配当貴族ではありません。

2017年10月24日火曜日

日経平均16連騰で記録更新 しかし、投資家にその実感がわかない?ワケ




日本株、とりわけ日経平均が16連騰でこれは史上初だそうです。
一応、伝えられている限りでは、

  • 北朝鮮リスクの減退
  • 総選挙での自民党の勝利により、アベノミクス・経済優先政策の継続
  • アメリカ共和党の減税案が出てくるので、米経済の一段の成長期待
  • 新興国経済もどうやら底入り反転の期待
  • OPEC減産が守られていて、原油価格も安定
  • (追記)期初予想より円安が進み、業績予想が上振れそう
  • またこれらの要因がドル買い円売り、つまり円安となって株価を引き上げる

などなどが重なり、外国人が積極的に買っている、とのことです。

16連騰といってどれだけ株価(注:日経平均株価)が上がったのかを見てみました。
そしたら、16日間で6.9%のアップでした(10月2日の20,400.18→21,805.17)。

2017年10月23日月曜日

ボクシング村田選手、ボクシングよりもよかったものとは?



Yahoo! Japanより拝借

日曜日の夜は

「女城主直虎」
選挙速報 NHK→TBSちょっとだけ→テレ東(やっぱり池上さん)
をハシゴしながら見て、

ビデオ録画でボクシングを見た。

ボクシングはそれこそ、具志堅用高氏が現役の世界チャンピオンだったころから見ている。彼がTVコマーシャルで背筋ジャンプをするのを必死でまねた記憶がある。当時はスゲエと思っていた(その後高校生のころ自分にもできたので、ちょっと白けた)。

2017年10月21日土曜日

東証セミナー 「インフラファンド 投資入門① 投資のための基礎知識」を受講 2/2 インフラ法人投資の留意点




前回に続き(前回の記事はこちら)、東証のインフラファンドセミナー入門編です。
10月15日現在上場している銘柄。もう1銘柄が近日上場予定(カナディアンソーラー)
今回は、インフラ投資法人への投資のデメリットと言いますか留意点・リスク要因についてです。(現在の配当利回りは7%を切ってしまいました)

2017年10月19日木曜日

東証セミナー 「インフラファンド 投資入門① 投資のための基礎知識」を受講 1/2 インフラ投資法人投資のメリット




東証主催の上記セミナーに参加しました。
アイビー総研の関さんという方が講師です。この人はJ-REITを中立的な立場で分析するプロのような人で、メディアで時折見かける人だったので、参加しました。

J-REIT専用のポータルサイトを運営されています。
不動産投信情報ポータル

インフラ投資法人に関しては、過去にも何度か記事を書いていますので、こちらも参考にしてください。

個人的には、まだまだこの手の商品への投資は意欲満々なので、ブログで広がって価格が上昇してほしくないのですけど、一方で、広く認知されたいという相反した気持ちがあります。

また、独学で得たインフラファンドの知識がどこまで正しいのかを確認する機会にもなりました。

2017年10月18日水曜日

経済産業省が神戸製鋼所の不祥事におかんむりなワケ




神戸製鋼所の不正、これ以前にも三菱、日産他名だたるものつくり企業の不祥事(社内コンプライアンスが行き届いていない。法令違反まではなさそう)が相次いでいますが、今回の神戸製鋼の件は国が盛んにギャーギャー言っています。

経産省が悩む「権限がない」 神鋼の改ざん問題 日本経済新聞電子版
経産省が不正究明を指示 納入先の安全性確認も 朝日新聞
データ改ざんで経産省に報告、神戸製鋼・川崎社長が謝罪 TBSニュース

なぜだろう。

2017年10月17日火曜日

鳥貴族【3193】の値上げにみるアベノミクスの行方



焼き鳥居酒屋チェーンの鳥貴族【3193】が10月1日から値上げする、と発表したのは有名な話でした。

同社はメニューをすべて280円均一で提供するということで、いわば居酒屋業界のカテゴリーキラーの雄のような存在でした(ビールもです)。

その同社をもってしても、アベノミクスによる労働者不足問題や材料費値上げに耐えかねず、値上げをしました。

現在、一皿298円(税抜)で提供されています。約6%の値上げです。

2017年10月15日日曜日

最近の資産運用状況 2017.10.15




やや取り留めない話になりますが。

2008年9月15日にアメリカの投資銀行、リーマンブラザーズは破たんして10年が経過しています。

その後株式相場は暴落し(正確には、リーマンに公的資金を注入するだろうという楽観的な市場予測が外れて、市場間の疑心暗鬼がピークになったため、相場が下落した)、2009年に入って、恐ろしいような経済指標が出てきて(主に雇用統計など)、S&P500は2009年3月に底値になりました。

このころは、「今こそバリュー投資だ」と奮い立たせて、緊張感のある株式取引をやっていました。

2017年10月14日土曜日

サウジアラムコのIPOと原油価格




さて、毎年恒例のOPECの秋の総会は11月30日に行われます。
OPEC加盟国の原油生産量(減産)調整が継続するかしないか、が争点とされているそうです。

サウジアラビアはアラムコのIPOに対し、どういう考え方でいるのかが減産の継続の判断に影響を及ぼす可能性があるかもしれません。

サウジアラムコとはサウジアラビアの国営石油会社です。石油大国サウジアラビアの心臓部分と言ってもいいかもしれません。
その巨大さは
東洋経済オンライン
エクソンやシェルのはるか上で我がシェブロンは子供のようです。

2017年10月12日木曜日

プロクター&ギャンブル (P&G)のアクティビストによる株主総会 結果にかかわりなく、立ち直ってほしいのが株主の本音



10月10日の株主総会で、アクティビストで、確か1%のP&G株を保有するネルソン・ペルツ氏は、「俺を取締役に選任しろ」と議案を提出。

これに対し、ISS、グラスルイスの議決権行使助言機関(機関投資家に対し、迷うような総会議案の場合、「中立的」な立場で、YesかNoかを代弁アドバイスする会社。機関投資家にとって、例えば『「ISS」が反対とアドバイスしたので議案に反対した』と主張すれば、機関投資家の背後にいる年金基金などの資金提供者に何かあった場合、「言い訳」が立ちやすい。保身のための保険のようなもの)はペルツ氏の案を支持していたので、注目されていた。


2017年10月11日水曜日

保有銘柄の定期点検 その5 Enbridge Inc.(ENB) 21年連続増配継続中 2/2



前回は主に定性的な面を書きましたので、今回は財務的な側面から見ていきたいと思います。



株価指数

(注:カナダ、カルガリーが本社の企業です。財務数値はすべてカナダドルが通貨単位)
21年連続増配は配当貴族基準(S&P500銘柄じゃなかったので資格はありませんが)に満たないものの、増配ペースがすさまじいです。ずっと2桁増配です。

現在、PERは20倍と微妙というか、標準的というか、そんな感じです。
EV/EBITDA倍率が20倍とチョー高いのですが、配当につられているのでしょうか?配当利回りは4.7%と高配当利回りです。

Economic MoatはWideと設定されています。これは前回も記載しましたMain Lineがアメリカ経済(特に中西部五大湖近辺。最近はテキサス南部地帯まで伸びる)の石油精製や工場の動力源として、不可欠なToll Roadであることを根拠としています。

業績推移

2017年10月9日月曜日

保有銘柄の定期点検 その5 Enbridge Inc.(ENB) 21年連続増配継続中




カナダ最大のパイプライン会社で、米国のSpectra Energy(SE)を吸収合併したことで、Kinder Morganを抜いて、北米ナンバーワンのパイプライン会社となりました。
ENBに関する記事はしばし取り上げています。

過去記事はこちらをご参照ください

2017年10月8日日曜日

千葉県の高校に通った場合の学費など



今年は長女が高校受験の年です。2年前は長男が受験しており、千葉の制度にもかなり理解が深まった。

自分は公立高校の出身で、当時は学費を気にしたこともなかったが、立場が逆転して、かつ、個人投資家とはいえ、「費用対効果」で物事を見る目が習慣化してしまい、こういったことに敏感になってしまった。

長女には当然ながら公立高校を第一志望としてほしい、と言っている(長男は期待を裏切って私立に行ってしまったが)。

2017年10月7日土曜日

アベノミクスの結果、内部留保、賃上げ、教育費、そして将来への備え



内部留保急増、賃上げ鈍く=拭えぬ将来不安―検証・安倍政権 (時事通信社)

この記事を読んで、前半部分はいつもの、

「内部留保と賃金の話かあ~。政治家先生、簿記の勉強してくれよ」って気で読んでいました。

抜粋
「税金を下げた分で内部留保とはなめちゃいかん」

2017年10月5日木曜日

解散総選挙雑感


あんまり固有名詞を書くと、選挙妨害とか言われそうなので、手短に。

希望の党だか、立憲民主党だか、新党作って、政権奪取! 

なんて言っているが、妥当安倍内閣だの政権交代だの、ピンボケも甚だしい。

そもそも「新党」って、かつて細川氏が立ち上げた日本新党から、一時的なブームで終わって長期的に続いたことがない。

どっち向いて政治しているのか、まったくいい加減にしてほしい。

2017年10月4日水曜日

銘柄選択と売り時 



昨日、「売り時を見極めるのが難しい」という趣旨のコメントをして、会社の組織人事もポートフォリオ作成も似たようなものかな、なんて思ってしまいました。

よく考えてみれば、OB訪問から何人も繰り返し会社の人に面談したり、集団面接でプレゼン能力を試されたりしながら、やっとのことで採用した(あるいは入社した)会社にも、「誰だよ、あんな奴を雇ったのは」って人は必ず存在するわけです。
(外資系企業のようにクビにしない限り。いや、外資系企業でもゴマすり上手な人はサバイバルしていますし)

2017年10月3日火曜日

株式相場雑感 2017.10.3



非定期的に、思っただけのことを書いています。

今の相場観がどうだ、と思っても、外しまくっていますし、かといって何の仮説もなく銘柄を買っていくのもちょっと違うような気がしています。

買うときは割安の株価で買いたいですよね。

2017年10月1日日曜日

9月の配当状況



定点観測の配当編です。

予想受取配当額が昨年末比減少しているのは、売却によるものです。
8月の配当状況


スポンサーリンク


今月の売買
売り:なし
買い:タカラレーベンインフラ投資法人(買い増し)
NISA枠の残りいっぱいを使いました。今年のNISAはすべてインフラ投資法人です。

今月の増配
フィリップモリスインターナショナル +2.9%
マクドナルド            +7.1%

なお、インフラ投資法人3銘柄のDPSを向こう1年間の予想分配金に修正しています。従来は、一律一口年間6,000円として計算していましたが、決算時に各社相次ぎ上方修正していますので、大丈夫だろう、と踏んでいます。

これにより、おそらく1口あたり800円程度アップしていると思います。

NISA枠をすべてインフラ投資法人で固めた結果、来年のNISA枠からの予想分配金は約84,000円となり、ざっくりYOC(Yield on Cost)は7.5%になりました(非課税)。

来年のNISA枠もこれで行こうかと思っています。

投資判断は、個人でお願いしますね。
応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

スポンサーリンク


2017年9月30日土曜日

9月の投資状況



恒例の定点観測です。
スポンサーリンク



うーん、結局は為替頼みかな? 少し円安に振れたのと米国株が好調なこともあり、総資産は昨年末比+9.7%まで来ました。ドルベースだともっといいのですけど・・・。

イエレンさんのFRBのバランスシート縮小発言と年末の利上げ示唆およびトランプさんの減税案などがあり、今月はドル高傾向にありますが、それでも年初来から、ドルインデックスは▲9.2%と、全体的なドル安傾向は続いていると思われます。

これはユーロ経済の堅調さによるユーロ高と裏腹にもなっていますので、米国だけを見ていてもだめかもしれません。

米長期金利は2.3%台まで戻ってきました。バランスシート縮小が開始される(と言っても当初は大した量でもないが)ため、見越しているのかもしれません。

上記には書いていませんが、WTIの原油が50ドルを回復していますが、これから製油所の定期修繕による生産中断や米国の夏のガソリン需要シーズンも終わること、また11月にかけてOPECの総会など、波乱要因が続くので、ちょっと心配です。

日本のほうは、安倍自民党がどこまで議席をキープできるかがポイントでしょう。過半数割れはないと思いますけど、予想以上に議席を減らすと、安倍さんの基盤が崩れて、自民党内で安倍降ろしが出てしまうリスクを心配しています。

ただし、自民党には消費税10%+原発再稼働 という「毒まんじゅう」(古いなあ)があって、小池&前原(前原氏は「口だけ番長」)ペテン師リーダーの希望の党への選択は最悪です。

希望の党はたとえ政権をとっても、財務省に丸め込まれて、いずれ10%にするでしょうから。

日本、アメリカ、北朝鮮、ユーロ経済動向など秋はちょっと何かありそうですね。

投資判断は、個人でお願いしますね。
応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

スポンサーリンク


2017年9月29日金曜日

アッビイ(ABBV)の「ヒュミラ」さらに進撃




先日、記載したアッビイに関して、追加のニュースリリースがあった。
「ヒュミラ」のバイオシミラー開発により、米国内「ヒュミラ」シェアを奪うことを目指したアムジュンと調停を結び、アムジュンは2023年まで米国内で「ヒュミラ」のバイオシミラーを販売しない、とのこと。


2017年9月26日火曜日

アッビイ(ABBV)に関する今後の投資戦略



このような問い合わせがありました。

以下抜粋
このブログでABBVを知って、配当3%弱になりましたが、株価は40%+超えました。ありがとうございます。今後の見解・指針をお伝えいただけないでしょうか。どうするかは私の自己責任です。
抜粋終わり

良かったですね。私もこの銘柄の株価、配当ともに予想以上のアップを得られたのでこの銘柄に関してはホクホクです。

2017年9月24日日曜日

住宅問題 賃貸派か購入派の神学論争 今のところは取りこし苦労



どちらがいいか、という問題は神学論じみて、繰り返したくない。
数年前でしょうね。今、ホテルの建設ラッシュです。
自分はもう購入してしまっているので、いまさら賃貸に戻りたいとも思っていない。
住めば都で、自宅はいいものだ。

新築は買った瞬間、価値が2割落ちる、というのも今のところ外れている。これはバブルから下り坂の時期に購入した人のデータで、2002年ごろの底打ち以降2008年ごろまでに買った人には(運が良かったのか?)あまり当てはまっていないだろう。

同じ面積の物件を賃貸すると今の住宅ローンの返済額の倍を払わなければならない。

ちなみに私は契約が2006年、購入が2007年だった。プチバブルが発生する直前だったと思う。

もし今、私が自宅を売却すれば、購入時と同等かそれより少し上の価格で(たぶん)売れる。

2017年9月23日土曜日

医者の給与は本当に高いのか? 医者という職業の費用対効果




初めに断っておかなければならないが、給与だけで職業を選ぶことはいいことではない、という認識は持っています。

医者の中には、患者さんと正面から向き合って、様々な啓もう活動(たぶん無料だと思う)を行っていらっしゃる倫理観の高い方もいらっしゃいます(平均的な医者の倫理観は高いと思う)。

ただ、世の中で、医者=高給取り、安定職業、というステレオタイプな見方が浸透しており、「そうじゃないだろ?」って思っているだけです。

田舎の両親や親戚筋と話していると、もう医者と聞くと、猫も杓子もスゲー金持ちっていう前提で話をしていますね。

ああいうのに「決してそんなことはない」と抵抗しても、無意味なので会話に参加しません。

2017年9月22日金曜日

逆張り投資 知識とその実行力



もし、また、暴落局面が来たら、、、。

私は、2007年ごろから株式投資の個別株を始めており、一応、リーマンショックを経験しています。

ただし、当時はまだポートフォリオも小さく、余力もありました。
(と言っても、株価が底なしに沈んでいくような気がして、不安になりました)

2017年9月21日木曜日

インフラ投資法人について 忘れられた存在か?




インフラ投資法人とは、ざっくりいえば、投資家から金を集めて、銀行でローンを組んで、インフラ(今のところは太陽光発電設備などのクリーンエネルギーインフラのみ)を保有して、その利益を配当で分配するというもので、REITの仲間です。
つまり、利益の9割以上を配当に回します。

現在、3つが上場しています。
  • タカラレーベン・インフラ投資法人(9281)
  • いちごグリーンインフラ投資法人(9282)
  • 日本再生可能エネルギーインフラ投資法人(9283)
です。
(参考記事)
NISA枠を使って、いちごグリーンインフラ投資法人(9282)に投資
太陽光発電投資 日本再生可能インフラ投資法人(9283)にNISA口座で追加投資

2017年9月20日水曜日

長生きリスクを考えてみる 健康管理が大前提




Life Shiftとか、人生90年、いや100年とか「長生きリスク」が言われるようになった。

なんだかんだ言って、オチは、生きている時間が長くなるし、どんなリスクがあるかわからないから、働けるだけ働こう、という労働推奨型になっている点が面白いが。

2017年9月18日月曜日

保有銘柄の定期点検 PayPal Holdings 2/2



続きです

PayPal Holdings(PYPL)の2回目。今回は主に財務関連です。

2017年9月17日日曜日

保有株の定期点検 その4 PayPal Holdings 1/2



久々のこのシリーズ。第4回目は、PayPal Holdings(PYPL)です。
サンノゼの本社
この銘柄は、唯一、私のポートフォリオの中で無配の銘柄です。配当果実が株式投資の目的である私がなぜPYPLを保有しているのか?

PYPLはご存知eBay(ヤフオクのアメリカ版です)に買収された企業として存在していました。eBayの出品者と買収者の資金決済の手段としてPYPLが用いられていました。

そのeBayはリーマンショック後に割安株と色んなファンドマネージャーが言っていました。

その後、あのカールアイカーン(企業乗っ取り屋と恐れられている)がeBayの大株主となって、PYPLの分割を主張し、eBayがその主張を受け入れました。

したがって、PYPLがスピンアウトすることが分かったことと、PYPLの将来性がFintechなので直感的にイケる、と思ったので、買ったというわけです。スピンアウト後、eBay株を売って、PYPL株を買い増しし、今日に至っています。

PYPLはeBay外での取引も広がっていたので、独立も機が熟していたのかもしれません。

2017年9月16日土曜日

ワークライフバランスを考えてみる



毎朝、朝食を食べながら読んでいるブルームバーグの記事で、
世界で一番働きたい国、働きたくない国-目立つ米英の評価低下

というのがあった。内容は、166ヶ国の約13000人の海外駐在員を対象とした調査結果で、英国や米国は住みにくくなったというものだ。理由はBrexitやトランプ政権などによる政治の混乱だそうだ。

(ちなみに、最高スコアはバーレーンだそうです)

その中で、Quality of Lifeという項目があり、なんと日本は「ワークライフバランス」で最下位に沈没してしまっている。

(スウエーデンは友達ができにくい国らしい)

ワークライフバランス、よく聞く言葉だが、正確な意味はなんでしょうか?
私は、30代~40代にかけて、今後のキャリアを考えるときに人に相談した際、

「最近は高学歴者ほどワークライフバランスを重視する傾向が高いのです。MIT(マサチューセッツ工科大)の卒業生が最も関心の高いことといって話題になっています」

と言われた経験がある。そのころから少し意識しだした。

2017年9月14日木曜日

P&Gなど アクティビストファンドの功罪



株式相場の上昇率が伸び悩むと、出てきます。リーマンショック前も2004年ごろから頻出していたような記憶があります。

アクティビストは株主権を根拠に、経営陣に「物申す」ことにより、株主価値を上げることを生業とした機関投資家とざっくりいえると思います。
P&Gに株主提案をしているネルソン ペルツ氏

結論から言えば、私は、アクティビスト投資家は少しずつ健全?な活動になってきて、経営陣によい緊張感を与えるため、有益な存在になりつつあると思っています。

日本では、「コーポレートガバナンスコード」がある(平たく言えば、投資家は金融庁に対して「私はグリーンメーラーとか胡散臭い投資家ではありません。」と届出をする。投資家はそれに則って国内で投資活動を行う)。

したがって、アクティビストの立場からは「有意義な提案・提言」をしているに過ぎない。

2017年9月13日水曜日

子供とは、昔はプロフィットセンター、今はコストセンター?



私の親の世代やそれ以上の家族では、4人兄弟、5人兄弟は珍しくありませんでした。私の母方の兄弟は実際4人兄弟です(3番目)。
もうなくなってしまいましたが、父方の母の兄弟は7人もいて、区別がつきませんでした(名前と顔は一致しなかったが、顔とお年玉の額は一致したという、生意気なガキだった。。。)。

もちろん、避妊技術の発達もありましたが、かつて子供は下手すると小学校、現実的には中学校を卒業すると(私の両親は高校卒で、当時はそんな感じ)働きに出ていたし、自営や農家だと低賃金の働き手として家の仕事を手伝わせていたりしました。

つまり、子供とは一家にプラスの収益を生む存在だったといえるでしょう。

2017年9月12日火曜日

TOPIXバリュエーション 8月31日時点 米長期金利が上がりません



少し遅くなりましたが、恒例の定点観測です。

2017年9月10日日曜日

投資雑感 2017年9月10日



私はアメリカの景気が高原状態にあると思っています。

さらに、ドルはこれ以上(120円を抜けることもなく、115円が天井かも)高くならないと思っています。日本で賃上げが継続的に発生し、消費税増税が断念されれば、ひょっとするかもしれないが。

したがって円高対策として、NISA口座保有分や低パフォーマンスの外国株、アメリカ株を処分してきました。
(IBM他を売却)

これ以外の外国株は、ポートフォリオの入れ替えは考えていますが、たぶん円高になってもホールドを予定しています。

日本株もNISA口座分を売却しようと思っていますが、もう少し様子を見ています。

2017年9月9日土曜日

不動産投資、丸1年経過



昨年の9月から実施している不動産投資。
買った物件とは違います。イメージです。こんな感じ。
と言っても、築古(築20年)一戸建てを一軒だけですが。

投資開始してから丸一年たちました。

参考記事
結局、不動産投資を始める

2017年9月7日木曜日

Annaly Capital Management(NLY)へのDRIP投資を振り返る



私のポートフォリオで最下位の保有高しかないが、売らずに(今後も売らない)持ちこたえている銘柄に、米国REITのアナリー・キャピタル・マネジメント(NLY)というのがある。

特殊なREITなので説明が難しいが、要するに超レバレッジをかけて(といっても当社は「保守的」な部類だが)、投資対象の9割以上をアメリカの住宅債権(Mortgage)に投資する実質的には債券ファンドのような投資体である。

アメリカの住宅ローン金利(30年固定だと4%ぐらいか?)と短期デポコルレス(1週間から1か月間のインターマーケットで調達する金利1%ぐらいかな?)の利ザヤを稼ぐというのがメイン。

ご参考 過去記事
Mortgage REITへの投資 2011/12/11(旧ブログ)

2017年9月5日火曜日

イチロー選手の衰えぬ気力と記録



おなじみ、大リーグのマーリンズでプレーするイチロー選手がまた大記録に迫っている。

2017年9月3日日曜日

8月の配当状況



今月は結構動かしました。

2017年9月2日土曜日

8月の投資状況



今月はまったりしたひと月だったような気がします。夏枯れ相場といいつつ、結局は株式相場は、ほぼ横ばいでした。

ただし、私のポートフォリオはまあまあだったのか、前月比+2.2%、前年末比+6.4%で推移しています。

2017年8月30日水曜日

沢井製薬(4555)も売却




今度は沢井製薬を売却しました。ポートフォリオ整理の一環です。
ジェネリック薬は今後も需要が増えるし、いいな、と思ったのですが、やっぱり駄目でした。